こんにちは。サポテックラグとメキシコ雑貨のお店「ナダ」の山口です。

メキシコには、手づくりのバッグがたくさんあります。その中でも
女性から最も人気なのがメキシコのオアハカ州で作られているメルカドバッグです。

昨年末(2018年)にNHK「世界は欲しいものにあふれている」でも紹介されて以来
流行に敏感な20代~40代の女性からじわりじわりと人気が高まっています。

NHK「世界はほしいものにあふれている」放送されたメルカドバッグ

今日は、そのメルカドバッグの特徴や作り方、さらに当店でも人気なメルカドバッグを紹介していきますね。
☆ナダで人気のメルカドバッグ販売サイト

メルカドバッグとは


mercado(メルカド)とはスペイン語で「市場」の意味。元々、メキシコの女性が料理の買い出しに市場に行くために使われていた頑丈で持ちやすいバッグでした。そのバッグが3,4年前くらいに海外で人気が出ました。メキシコの女性は力持ち!大きなバッグに食材やら道具やら入れてガシガシ使っていました。とても実用的で、しかもカラフルなかわいいバッグは海外から見ても魅力的でした。

どうして流行したのか

一番先に火が付いたのは、実はアメリカのセレブからでした。4,5年前くらいに旅行先で買った鮮やかなメルカドバッグをアメリカ人女性が気に入って
インスタグラムにアップしたところ、瞬く間に火がつきました。お洒落なセレブがこぞって買うようになりました。
その1,2年後(2017年~18年)、日本のファッションに敏感な女性たちが注目をして、メキシコ雑貨店で購入し、やはりインスタグラムなどのSNSで拡散され人気がでました。そして、とうとう2018年から大手のセレクトショップも扱いを始めるようになりました。

ユナイテッド・アローズなどセレクトショップも販売。あのディノスまでも

2019年3月よりセレクトショップに販売されているメルカドバッグ。

昨年あたりから、ビームスやユナイテッド・アローズなど有名セレクトショップでもメルカドバッグを販売しはじめました。
今年も春夏ものとして、店頭に並んでいます。通販大手のディノスも2019年から販売を開始する予定だそうです。まだまだ、人気が続くようですね。

メルカドバッグの特徴

メルカドバッグの特徴は3つあります。

単行本も何冊も入る大きさと頑丈さ

丈夫で長持ち

一つ目は、何と言っても丈夫なところ。プレスチックコードという、アウトドア用の椅子の背などに使われている丈夫な素材で手で一つひとつ編んでいくので耐久性に優れています。汚れにも強いので、キャンプや海など春夏のレジャーなどに活躍しますね。
ベトナム製のプラ籠バッグと違って、柔軟性のある強いプラスチックを使っているので、数年で劣化したりしないので、何年も使えるのが嬉しいですね。

2重の持ちてと大容量


バッグを選ぶ時、デザインの他に容量と耐荷重という点も重要な要素です。その点、メルカドバッグは2重の持ち手で、しかもどれも横幅40cm以上、マチも15cmと収納力抜群なんです。1日程度の小旅行やお買い物のエコバッグ代わりとして活躍してくれること間違いなしです。

カラフル。豊富なデザイン



手作りで一つひとつデザインが違う点です。メキシコでもオアハカ州という民芸品が盛んな産地で男女を問わず、手作りで一つひとつ作っています。オアハカ州で有名なパルマバッグというヤシの葉で編んだ自然素材のバッグがあるのですが、基本的には同じ製法で多色のコードで編んで模様を作っていきます。様々なカラーでダイヤモンド柄や花柄などのデザインがあるのですが、日本では白と黒のモノトーンや単色のデザインが人気です。

ナダで人気の白黒のメルカドバツグ。シンプルで合わせやすいと評判です。

平均的な価格は?

最も気になるお値段ですが、ざっくり言って、6000円~8000円くらいのお値段です。セレクトショップでは8000円を超えるものもありますが、素材や製法は同じです。気に入ったデザインがあればなるべく安いお店で購入したいですね。当店では、メキシコから店長が直接買い付けなるべくお安く販売しています。ぜひ、お得に気に入りのメルカドバッグをゲットして欲しいです。

購入時の注意点

気を付けたいのが、メキシコ製のものも出回っているという点です。人気も出ているため、大手の通販会社やアパレル商社もメルカドバッグと似たものを中国やベトナムで作り販売している店舗やサイトもあります。
もちろん、中国製、ベトナム製と表記されているので、問題はないのですが見た目が似ているので気を付けないといけませんね。

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

今日も、皆さんに素敵な1日を!

それでは、グラッシャス。デ・ナーダ!
当店のウェブショップも良かったご覧くださいね~。


サポテックラグとメキシコ雑貨のお店「ナダ」