こんにちは。ナダの山口です。
今回は「ルチャリブレの魅力【後編】、メキシコシティのルチャリブレ観戦方法」をご紹介します。

国民的なスポーツなので、メキシコ中で至る所で開催されていますが、
首都のメキシコシティでは、2つの会場が有名で行きやすいです。
会場名は「アレナメヒコ」と「アレナコルセオ」です。
アレナとは会場という意味。アリーナなどとも日本語で言いますね。
注意しなければならないのは、どちらも週に2日程度しか開催されていないということ
また、カメラなどの持ち込みは禁止され、入り口で厳重なボディチェックが入るので
スケジュールの調整と持ち込みには十分注意が必要です。

ちなみに、スペイン語が読める方は、CMLLのサイトをご覧になると詳しい対戦カードや
両会場の詳細が載っております。
CMLL公式サイト

それでは、各会場の行き方や特長などを写真を交えながら紹介しますね。

アレナメヒコ(Arena Mexico)

アレナメヒコの会場と看板。看板も会場もカッコイイデザイン
アレナヒコのリング。華やかで数々のスポンサーの広告が出されている

行き方

バルデラス駅

場所的には、セントロとソナロッサ地区の間「ドクトーレス」という地区に位置します。最寄り駅は、地下鉄1号線のクラウテモック駅(Cuauhtemoc)、バルデラス駅(Balderas)から
徒歩でも10分以内で到着します。

アレナメヒコ場所

住所:Dr. Lavista 189, Doctores, 06720 Ciudad de México,
 

      

開催日時

試合は毎週火曜日19:30〜と金曜日の20:30〜が基本です。

チケットの買い方及び料金

直接会場に行く方法と予めネットで予約する方法があります。事前購入はチケットマスターという
サイトで購入できます。https://www.ticketmaster.com.mxにアクセス→deportes→BOX/Lucha Libreと進んで、購入です。但し、スペイン語で、マイアカウントなど色々と情報登録しないといけないので、
1、2回程度しか行かないなら、直接購入した方がいいです。
時期によって多少の変動がありますが、だいたい90ペソ〜380ペソくらいで観戦できます。

雰囲気などの感想

キレイな会場で警備もしっかりしています。CMLLというルチャリブレ最大の団体が運営していることもありルチャリブレの醍醐味を味わうことができます。会場の広さ、見やすさ、休憩中に映し出されるCMの華やかさ、
それだけスポンサーがついている証拠なんでしょうね。そのほか、会場内には、スナックやビールなどの売店もあってミチェラーダなんかもあって、ミチェラーダを飲みながらの観戦なんて、まさにメキシコに来た!という雰囲気を味わえます。あまり
美味しくかったけど。

アレナコルセオ(Arena Coliseo)


アレナコルセオ。少し危険なエリアに位置しローカル感がたまらない

アレナコルセオの会場内。豪華ではないが、地元の人達で賑わっている

行き方

地下鉄アジェンデ駅
地下鉄2番線Allende駅から徒歩5分〜10分。zocaloから徒歩15分程度。しかし、ラグニージャ市場やスラム街「テピート」も近く、万が一迷ったら危険なので駅に着いたらタクシーで行かれることをお勧めします。

アレナコルセオの場所

  
住所:Arena Coliseo, República de Perú, Centro, Ciudad de México,

    

開催日時

試合は毎週日曜日17時くらいから

チケットの買い方及び料金

その日のチケット料金が手書きされている
30ペソ〜150ペソ

雰囲気などの感想

少々危険な場所にあるせいか、アレナコルセオの周りや建物自体もゲトー感満載です。
アレナメヒコのように、デジタル広告やネオンライトなどもなく、地下競技場のような雰囲気です。会場も
そこまで大きくないのですが、だからこそ、観客と選手の一体感や盛り上がり感はとてもローカルな会場にいると
実感がして楽しかったです。私は、観戦後も通りのタコス屋台で食事をしたのですが、これまた暗い通りにポツンと
佇み時折爆音を鳴らす車が走り去ったりと、さっきまでのルチャリブレの歓声と通りの静けさのギャップに
旅の楽しみを味わえました。

まとめ

いかがでしたか?本場メキシコでルチャリブレを観戦することは、以外と簡単にできること。
現代のルチャリブレらしい雰囲気を味わいたい方は、アレナメヒコへ、ローカル感のある試合を見たい方は
アレナコルセオに行くといいかと思います。最近は、ウーバーという安いタクシーも使えるので、
地下鉄と徒歩で行くよりも、ウーバーのほうが安全で早いでしょうね。

最後まで、お読みいただき本当にありがとうございます。

それではっ。