こんにちは。ナダの山口です。

3月16日からディズニーの映画『リメンバー・ミー』が公開されました。
メキシコ人達の”家族の愛”をテーマに”音楽”と”思い出”をキーワードに
織り上げたまさに、メキシコそのものを体感できる素晴らしい映画です。

既に、アカデミー賞2部門、ゴールデングローブ賞11部門受賞という
アニメ映画の中では稀に見る快挙を成し遂げ、見た人からも「感動しまくり」、
「3回連続で見た」、「ヘクター」好き、「死者の日美しい」など絶賛の声が上がっています。

ちなみに、私は、字幕版と吹き替え版両方見たのですが、やはり字幕版をお勧めしたいですね。生のメキシコ感が伝わってくるからです。

それでは、作品紹介と感想をどうぞ~。

スポンサーリンク

映画内容の紹介:

メキシコで靴屋を営む家族に生まれたミゲルは音楽が大好きなわんぱく少年。メキシコで一番の歌手エルネスト・デラクルスのように皆から愛される歌手になりたいと隠れて歌やギターを練習していた。


一方で、ミゲルの家族は100歳を超えるひいひいおばあちゃんのココやおばあちゃんエレナとも一緒に暮らす仲のいい家族だった。

しかし、ミゲルの曽祖父(ココの父)は、かつて音楽のために家族を犠牲にして、家族全員から恨まれ続けている。そんな事情を知って、おばあちゃんのエレナは、ミゲルが音楽に触れようものなら激怒して、ミゲルから音楽を遠ざける。

ご先祖様を呼び戻すためにメキシコが美しく彩られる「死者の日」。ミゲルは祭壇に飾ってあった写真のギターを見て、自分の曽祖父があのエルネスト・デラクルスだったと知る。感動に打たれたミゲルは、家族に音楽の道を志すことを告白するが、みな家族は猛反対。ミゲルは、激情して家を飛び出し、死者の日のパーティーで自分の歌を認めてもらうために、デラクルスの記念用のギターを盗もうとギターを鳴らす。


その瞬間、マリーゴールドのオレンジ色が輝き、骸骨たちがパーティーを楽しむ死者の国に舞い降りてしまう。周りは、全員骸骨たち。ミゲルだけが生身の人間ということもあり、骸骨たちから注目を浴びる。そんな中、亡くなった家族がミゲルを見つけ、やはりここでも音楽はやめるように説教される。しかし、死者の世界には、憧れのデラクルスが現役で演奏をしている。一念発起したミゲルは、家族と離れ離れになってしまったかわいそうなおじさん骸骨ヘクターと協力してデラクルスの元へ会いに行く。死者の世界でも皆から絶大な人気を得る、ベラクルス。自分がベラクルスのひひ孫だと告げると、ミゲルの華やかな生活が始まった。ベラクルスとミゲルの幸せなひと時。しかし、あまり幸せそうでないヘクターは、生前ベラクルスに騙されたことを、ミゲルの前で話す。怒ったデラクルスは二人ともセノーテ(洞穴)に突き落としてしまうのだが・・・。

スポンサーリンク

作品の公開情報:

2017年アメリカ映画/監督:リー・アンクリッチ、共同監督:エイドリアン・モリーナ、製作:ダーラ・K・アンダーソン、音楽:マイケル・ジアッキーノ、1時間45分/原題:『ココ』
2018年3月16日より全国の劇場で公開

映画を観た感想:

感動の波が心地よい豪華客船

とてもとても感動する映画です。「娯楽映画というのは、感動と退屈の波を作って
何度も観客を揺さぶり続ける」聞いたことがあるけど、まさに、感動の波ってこういうものか~と、まんまとディズニーの超豪華遊覧船に乗せられました~。

音楽、映像、物語、この3点において、もう完璧です。

琴線に触れるギターの音色が心を打つ。
死者の国のオレンジ色に輝く美しい町並みと鮮やかなアレブリヘに息を飲む。
そして、ミゲルの音楽への愛とそれに反対する家族の愛に心を揺さぶられる。
あ~~、何度見ても、涙がとまらない映画です。

暗闇の映画館の世界に待ち受ける2つの世界

普通、鑑賞後に映画館から外界に出ると、スクリーンの世界から急に追い出されたような感じにならないでしょうか?でも、さきほどの暗闇と外の社会のギャップが心地よく感じることってないでしょうか?
そして、この映画の中にはさらに2つの世界が存在しているんです。
暗闇の中に、メキシコの世界と鮮やかな死者の世界が存在している。つまり、映画館を出たとき、二重の世界を瞬く間にくぐり抜けた感覚が体験出来るんです。ふと、現実に立ち返ると、「現実って何なの?ここはどこ?わたしは誰?」状態になり、自分を忘れてしまい、それが実はとても幸せだったりするんです。自我が亡くなる(自分を忘れる)時って、実は心地いいでしょ。そういう不思議な感覚に陥り、とても心地よく、しばらくぼぉーとしてしまうんですよね。

「千と千尋の神隠し」と「スタンドバイミー」と

あえて、他の映画に喩えるならば、宮崎駿の映画と『スタンドバイミー』が組み合わさったような映画とも言えなくもないです。
宮崎駿の美しく複雑な世界と『スタンドバイミー』のような堅固な愛が側にちらついているような充足感。
そういえば、「千と千尋の神隠し」も突然、動物や怪物の世界に千尋が迷い込みますよね。そして、その世界は、なんとも奇妙で美しい。普通の人の手の届かない世界です。
「リメンバー・ミー」の死者の国の設定は、グァナファトですが、この世界一美しい街をさらにデフォルメして、オレンジ色のマリーゴールドが鮮やかな道と合わさり、異空間にトリップです。
『スタンドバイミー』を思い起こしたのは私だけでしょうか?
どうしてなのだろうと、思い返してみると、両作品に共通しているメッセージは
「身近な人を幸せにすることこそ、最も貴い行いなのだ」ということなのかかもしれません。

・悪ふざけしかしない仲間たちだけど、離れてみると悪ガキは親友だった。(スタンドバイミー)

・理解がないと思っていた両親やおばあちゃんだけど、誰よりも一途に自分の事を愛していた。(リメンバーミー)

歌で世界中の人を喜ばせようとすることよりも、たった一人の娘の為の歌の方が実は、貴いことだった。

「私を覚えていて」と「私のそばにいて」というメッセージはやはり人間の愛を語る上で欠かせないメッセージなのかもしれませんね。

何万枚のCDを売った記録よりも愛する人の記憶に残っていれば、それは素晴らしい人生だ。

そう教えてくれる映画だと思います。

『リメンバー・ミー』の意味は?

この意味は、中学英語程度の簡単な文章です。
remember は思い出す。忘れないで。の意味で、その命令形だから
「忘れないで」という意味ですね。何を忘れないかというを「私を」という目的語が入り
「私を忘れないで」という意味になります。
そして、この映画では、誰が誰に向かって「私を忘れないで」と言っているのでしょうか?
それは、原題「coco」に隠されているのです。ただ、この先をお伝えしてしまうと
完全に映画のネタをバラしてしまうことになるので、皆さん、あとは映画館で
真実を探してください。

スポンサーリンク

キーワード解説:

・マリアッチ:メキシコの伝統的衣装を纏って、複数人で演奏する楽団。
多くが7名以上の団員で、ギター、トランペット、バイオリンなどを
使って伝統的音楽を演奏する。

・死者の日:10月30日、31日にメキシコ全土で行われる死者を祀るお祭り。日本のお盆にあたり、オレンジ色のマリゴールドというお花を町中に散りばめ、ろうそくを灯し、死者が生前に好きだった食べ物や飲み物をお供えしながら、死者と一緒に楽しく時を過ごす。

・アレブリヘ:メキシコのオアハカ地方で造られる想像上の動物を彫刻する民芸品。カラフルな色使いや細かな木彫りは世界中にファンが多い。

・カラベラ:骸骨の意味。数え切れないくらいの表情を持つ骸骨の人形や木彫り、ブリキ細工などなど死を象徴的に描くべく、骸骨を楽しくかわいく表現したメキシコで一番馴染みのあるおもちゃ。

映画に出てくる、骸骨やアレブリヘ、またサポテックラグ(タペテ)と言われる
メキシコの人たちが使っている絨毯など、メキシコ製品は
ぜひ、当店でお買い求めいただけると嬉しいです。

★サポテックラグとメキシコ雑貨のお店ナダ通販サイト
最後まで、お読みいただき本当にありがとうございます。

それでは!

スポンサーリンク