こんにちは。ナダの山口です。これから、メキシコで活躍する本田圭佑選手の成績やビジネスその他の活動をレポしていきます。

本田選手は、サッカーはもちろん、どっしりと構え、それでいてフットワークが軽い自由な発想や行動力に勇気づけられます。

みなさんと、一緒に応援していきたいですね。

スポンサーリンク

なぜ、メキシコに行ったのか?

本田選手がメキシコの一部リーグ「パチューカ」に電撃移籍したのは、2017年7月で、ほとんどの人が「まさかメキシコに!」と思ったようで、話題になりましたね。移籍ニュースのすぐ後に、本田選手は、自身のツイッターで次のようにツイートしています。

なぜメキシコか?なぜパチューカか?という問いに対する理由の1つが
無難な選択をしようとしていた自分に腹が立っていたんです。
そんな自分が退屈で。。
そんな中、日々熱くなれそうなチームだったのがまだまだ僕のことを知らないメキシコでありパチューカでした。

未知への挑戦・・・。ACミランで確固たる地位を得たのに、アウェー感満載のメキシコで、孤高の努力家はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

第一回目ということで、本田選手の所属している「パチューカ」と彼の活躍をざっと振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

◆パチューカとは

パチューカのロゴ

メキシコ最古のサッカークラブ。メキシコの中央部イダルゴ州パチューカに本拠地を構える。

☆国際大会の成績:CONCACAFチャンピオンリーグ優勝5回(2002、2007、2008, 2009-10,
2016-17)
・コパ・スダデメリカーナ:優勝1回(2016)
・スーパーリーガ:優勝1回

◆リーガ(MX)メキシコリーグとは?

北中米サッカー連盟に所属しているメキシコの一部リーグ。18チームが参加しています。上位クラブは、欧州チャンピオンリーグに相当する北中米チャンピオンリーグに出場し、クラブW杯出場権をかけて戦います。
南米と接していることから、南米の強豪選手も加入しているので、レベルは高いのです。Jリーグよりも
断然上の実力といって差し支えないでしょう。
ちなみに、メキシコのFIFAランキングは17位で、日本は56位となっています。(2017年2月1日)

◆本田選手の現在までの活躍や成績

21試合中、16試合出場

得点5点。(2018.2.1現在)

※パチューカ18チーム中9位(2018.2.31現在)

◆本田選手のビジネス

ホンダエスティーロの経営

会社内容・スポーツイベントの企画・運営

・スポーツ選手のマネジメント

・サッカースクール事業

本田圭佑選手が実質運営していますが、代表取締役社長として本田選手のお父さんが経営権を持っています。選手の生まれ故郷、大阪市に本社があります。
マネージメントは、スノーボードの女子金メダル候補の鬼塚雅さんやアーティストのウィル・スミスさんなど一流の人たちをマネジメントしています。
本田選手は、兼ねてより口外していたのは、”自分は、人を管理する能力には
長けていると思う”と言うように、人を育て、マネジメントしていく能力を
サッカー以外のビジネスの面でも生かしているんですね。

ホンダエスティーロHP

どうでしょう?未知へかける熱い思いが伝わってこないでしょうか?サッカーだけでなく、ビジネスや教育で世界を変えていこうとする視野の広さと行動力は興味がありますし、見習うべき点がたくさんあるのではと思います。

ですので、サッカーに詳しくなくても、ちょっとだけ、サッカーに興味があって、ちょっとだけメキシコが気になっていて、ちょっと社会貢献とか世界を相手にしたビジネスをやってみたいという人向けに本田圭佑選手の考えや行動とメキシコという舞台をもとに、お伝えできればと思います。
メルマガやネット、知り合いのつてを集め、編集してなるべくわかりやすく、メキシコの本田選手をお伝えしたいと思います。

次回は、本田選手の具体的な、サッカーとビジネスの成績、活動、また
本人の言動などをまとめていきたいと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。
それではっ。

スポンサーリンク