こんにちは。サポテックラグとメキシコ雑貨のお店ナダの山口です。

健康にもいいビールカクテル「ミチェラーダ」

今日はこれからの季節にぴったりなメキシコのビールカクテル「ミチェラーダ」の作り方を紹介しますね。アルコール度数も少なくリコピンやビタミンC、ナトリウムを気軽に取れる栄養たっぷりの美味しいビールカクテルだったんです。

ミチェラーダとは?

メキシコではコロナビールを使うのが多いようだ

メキシコ発祥のカクテルで、ビールにトマトジュースで割って、ライムや塩、唐辛子で味付けしたアルコール度数が少ない夏向けのビールカクテルです。

 

ミチェラーダの材料

材料となるものを一通り並べてみた
  1. ビール350ml(アルコール度数が軽めが合う?)
  2. トマトジュース1缶(190ml)(塩分なしがベター)
  3. ライム1個(レモンでも可)
  4. 塩(大さじ2、3杯)
  5. 唐辛子の粉(大さじ1、2杯)
  6. タヒン(なくても可)
  7. 干しエビ(なくても可)

ミチェラーダの作り方

では、早速作っていきます。調理時間は5分程度です。

ビールとトマトジュースはよく冷やしてくださいね。

グラスも冷やしておくのがオススメです。

 1、お皿に塩と唐辛子を入れて搔き回す

グラスのフチにライムを塗っておくと塩やチリがつきやすい

2、グラスのフチにライムをたっぷりとぬる

グラスはフチが厚いものがオススメ

肉厚なので塩がたっぷりとつけられ尚且つ緩くなりにくいメキシカングラス

メキシコの手拭きグラスのご購入はこちらから

 

3、グラスにトマトジュースとライム(小1個分)を絞り汁を入れる

4、3をよく混ぜたら、ビールを優しく注ぐ

 

5、完成!ビールの苦みとトマトの甘みライムと塩の酸味、唐辛子の辛味がスパイスとなり口の中を刺激します。アルコール度数もだいぶ薄まったので安心してゴクゴク飲めますね。

ミチェラーダはいつ飲む?つまみは要らない?

 

メキシコでは、よくルチャリブレの会場で販売しているのを見かけます。また、バーでは陽気な大人たちが昼からミチェラーダを楽しそうに飲んでいる姿も!

あまり酔うことが少ないので、スポーツ観戦など熱中して汗をかいてしまう場所などでは

楽しく飲めるのでしょうね。

美味しいいおまけ!?

干しエビを入れてもあり。エビがビールのおつまみに合うし、日本のヒラ酒と同じ論理!?
メキシコでは出来合いのミチェラーダの缶も販売している。絶妙な塩加減でかなりオススメ。
トマトジュースなしのものは「チェラーダ」という
肉厚で可愛いレトロなメキシコ手拭きグラスの購入はこちらから

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

それでは、グラッシャス。デ・ナーダ!
当店のウェブショップも良かったご覧くださいね~。

サポテックラグとメキシコ雑貨のお店「ナダ」